スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

DIYで塗装開始

カテゴリー: コルト

先週ぶつけたバンパーの塗装に入りました。

バンパーは樹脂製
用意した道具は以下の通り
・塗料(色番:X24)
・クリア(メタリック系やマイカ系は仕上げの艶出しに必要)
・シリコンオフ(脱脂用)
・バンパープライマー(樹脂の上で塗料の乗りを良くする)
・プラサフグレイ(塗装の下地剤)
・ぼかしスプレー(塗装の境界線を分かりにくくする)
・耐水サンドペーパー
・コンパウンド
・コンパウンド用スポンジ
・乾いたタオル
・DIY補修向け小冊子


まずは塗装したい部分を中心にペーパーかけ
そのあと、マスキングをしてシリコンオフで脱脂し
バンパープライマー→プラサフの順にスプレー
プラサフが乾いたら、いったんマスキングをはがし
1000番のペーパーで研磨
0001.jpg
研磨前の状態
多分吹きむムラが出ているので、プラサフはもう少し少なめでも良いかも。

ペーパーで段差が無くなるまで磨いたら、再度マスキングをして
脱脂→塗料→クリアの順でスプレー
0002.jpg
初めてのことなので、勝手が分かっておらず
クリアは10分おきに5回程度吹きました。

最後にぼかし。
昔、エロい人が言いました。
「見えるより 見えるギリギリが グッとくる」
0003a.jpg
それはモザイクや!
ビデ倫、どうなるんでしょうね(獏

まぁ、冗談はさておき。
ぼかしを吹いて乾かし、マスキングをはがした状態がこれ。
0004.jpg
画像でも分かるとおり、色には問題ないものの
つやが全く違っており、その部分で見た目の落差がある。
若干たれてるのは、ぼかしを吹きすぎたため。
あとは、塗装が完全に乾くのに、1週間程度必要ということで
1週間後にコンパウンドで仕上げ磨きをして完成。
その時点で、成功したか失敗したかの正確な判断が出来ると思います。
道具一式で約7000円、作業時間は約3時間半。
まぁ、お金があるならプロに任せてしまったほうがいいんじゃね?と思うところもありますが
個人的には、そこそこ満足です。

あと、左ドアにあった、かなり目立つ糸傷ですが
細目のコンパウンドで磨いたら、一瞬で消えました。
カーコン○ニ倶楽部で見積もり出したときは、35kと言われましたが
1kほどで直りました、やったZE!
各部の最終仕上げ磨き用に、液体コンパウンドが要るッぽいですね。

個人的に気に入っていた、牽引フックの矢印シールを剥がしてしまったので
またどこかで調達したいと思います(笑
とりあえず。今は車が洗いたいです。
スポンサーサイト

カテゴリー: 未分類

夜中にDVDレコーダーの中身を整理してたら、戦闘妖精雪風を見つけてしまい
見終わったらEURO2008の決勝と、徹夜してしまいました。
決勝戦は、全く眠くならない良い試合だったな!(スペイン的に

BG3 FinalMeeting

カテゴリー: BATTLEGEAR

JMP氏のところで告知が開始されたので、こちらからもリンク。

BATTLEGEAR3 FINAL MEETING無条件分岐

撤去されないように、時々プレイしに行った方がいいのかな?(笑
今から楽しみです。

2009年ジムカーナ、スーパー1500のタイヤサイズ

カテゴリー: サーキット

まだ正式発表されてはいないのですが
信頼の置けるサイトにて発表されていたので。

2009年の中部地区ジムカーナ、スーパー1500クラスのタイヤサイズが
最大185幅から195幅へ変更となることが決定したようです。
これによって、15インチ化が進むことになるでしょう。
あと、前後幅の変更も行いやすくなったので
セッティングの幅も出しやすくなります。
来年から近畿地区でもスーパー1500が始まるので
両地区間での遠征なども気兼ねなく行えることになりました。

個人的にですが、問題はTOYOのR1Rの扱いがどうなるか。
履きっぱなし派の私としては、減りの早い(と言われる)R1Rはちょっと・・・と思うのですが
この間、大会に出た感じでは、S1500のほとんどのドライバーが
現地で本番タイヤに履き替えていたので、タイヤの持ちという意味では、問題ないのかな~と。
このあたり、シリーズを追いかけている人なんかはどのように考えておられるのか
知りたいなと思います。

水カップ麺

カテゴリー:

これはちょっと試してみたい。
http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51150090.html

反省点

カテゴリー: サーキット

先日の鈴鹿ツインでぶつかった時の
後方からの車載動画を拝見させていただきましたが
いくつかの反省点が見えてきました。

Zコーナー前の直線でイン側にラインを取っていたのですが
一旦真後ろに付くべきだったのかな?とか
ちょっと急ぎすぎてたかな?とか。

この日の1本目では、赤旗で10分程度の中断があったことと
走行中、常に頭を抑えられていたこともあって、若干の焦りがあったのかもしれません。
こんなことでは、台数の多い土日祝日は走れませんね(汗
colt022.jpg

X24とX42

カテゴリー: コルト

とりあえず、バンパーを洗って傷の確認をしてまいりました。

大きな塗装剥げ1箇所
ボディ側に干渉して出来たふくらみ2箇所
塗装がはげていない擦り傷多数

早速ボディカラーを調べてみる。
エンジンルーム内のプレートの記載だとX24というのが
コルトのブラックマイカの色番のようである。
それを頼りに、カー用品量販店とホームセンターを回るも
X24のタッチアップペンは無し。
X42(ブリリアントブラック)はあるんですよね。
一応、99工房というサイトで調べてみたら、無い色は作ってくれるとの事。
近場だと、ジェームスベルシティ店で対応しているみたいなので
今度行ってみようかと思います。
すぐに作ってもらえるのかな?

あと、タッチアップペン売り場に「保存版 補修のコツ」という小冊子があったので
頂いてきましたが、コレを見てると手間さえ惜しまなければ
それなりには綺麗に出来そうな感じです。
今のバンパーはもうベコベコなので、補修の練習台にして
あわせて、新しいバンパーを気長に捜していこうかと思います。

今日の鈴鹿ツイン

カテゴリー: サーキット

今日の鈴鹿ツインは、なんというか…大荒れでした。
私が見ていた1~4枠すべてで赤旗が出たのではないでしょうか。
そして、ついに私自身もヤッてしまいましたorz
colt021.jpg

Zコーナーで、目の前でスピンしたDC2の横っケツに刺さってしまいました。
不幸中の幸いは、真後ろを走っていた2台の車が避けてくれたこと。
4連玉突きになる可能性もあったのですが、なんとか免れました。
もしかしたら、決定的瞬間が映っているかもしれません。
外傷はバンパーと右のライトに傷、あとバンパーに押されて出来たふくらみ一つ。
ぶつかる際に、かなり減速できていたこともあって
走行に影響を受けるようなダメージが無くて助かりました。
とりあえず、ハセプロのバンパーとか、Ver.Rのバンパーとか
ポジティブな方向で思考していきたいと思います(笑

でも、まだ私はマシなほうなんですが、あの白いオープンカーは
自分のことではないとはいえ、マジで凹む。

ちなみにタイムは1分16秒0xx。
ベストの2秒落ちでした。
今日はとにかくグリップ感が無かったことと、台数が多かったこと。
あと、クリアラップが1周しか取れなかったことなど。
非常に難しい1日でした。
言い訳ばかりですね(汗
それから、14インチ60扁平のタイヤで走るには
鈴鹿ツインは速度域が速すぎるような気がしました。
とにかくタイヤがよれてコントロールが難しかったです。

明日は車を洗って、傷の確認をしてこようかと思います。

幸田のランキング

カテゴリー: サーキット

幸田サーキットのラジアルクラスランキングに、S1500クラスがあるんですね。
このクラスは1600ccクラスに含まれることが多く
しかも改造範囲に制限もないわけですが
JMRC中部の規格に合わせたランキングとは、さすがジムカーナやサーキットアタックの大会を
しょっちゅう開催しているサーキットだけはあるな、と。
でも、S1500で車両を作っている人が少ないこともあって、まだ未登録の状態。
折角用意していただいているので、7月8月中に一度行ってランキング申請してこようかと思います。

コースはコース図を見る限り、結構テクニカルな印象ですね。

コルトの中古車

カテゴリー: コルト

ずいぶん前に紹介した車両かもしれませんが。
http://www.goo-net.com/used/spread/goo/14/902008061609020706117.html
サーキットやBライモータースポーツの入門車両としても良し
足車として、いっぱい走るも良し
Ver.Rの純正パーツや社外パーツでバシッとキメるも良しの1台です。
同クラスのコンパクトカーにはない、ギアのつながりの良さが魅力かな?

今更ながら

カテゴリー: サーキット

今更ですが、懐かしいものを引っ張り出してきて読んでます。
iroha.jpg
まぁ、セッティング以前に、乗り手に問題があるのですが。
先日の大会でも、進入の苦しい270度右ターンは出来て
シンプルに荷重移動できるゴール前の左ターンができていなかったので
得手不得手があるのは確実。
やはり練習が必要のようです。

まずは月曜日に練習できる環境を見つけることが先決でしょうか。
伊那のBパレットか雁が原、さるくら辺り?
どこも遠いですね(涙
あと、幸田は月曜定休なので半日あがりの日に行けるように
場所やルートの確認などもしておかないといけないようです。

東海シリーズ参戦記

カテゴリー: サーキット

昨日参加した、東海シリーズ第5戦「NRC鈴鹿BIGジムカーナ」の参戦記です。

当日の天気は曇り、気温は若干低く風は少なめ。
コース図はこちら
NRC2008_gym.jpeg

南コースをほぼ逆走しつつ、タイトな270度ターン&8の字ターンと
サーキットとジムカーナをミックスさせた
なかなかの好レイアウトかと思います。
サイドを使う場所は3箇所、4WDだと4箇所?
4、5、8→9コーナーは、鈴鹿ツインの走行経験が生きそうな感じのコーナー。

大会前から。1本目はサイドを使わずに走ろうと決めていたものの
実際のコース図を見た瞬間、大いに迷う。
オープンデフ車両でも、13の一つ目はサイド使った方が良さそう。
しかし、完熟歩行でゆきぱぱさんから
サイドを使わずに走っても良さそうとのアドバイス。
もう一度、1本目はサイドは使わないと決めて、30分の完熟歩行は終了。

S1500クラスは出走番は早め。
とにかくゴールまで大きなミスをせずに帰ってこようと意識してスタートラインへ。
ずいぶん昔に出ていた頃は、スタートラインに並ぶと
ひざがガクッと一瞬震えたりもしたのですが、今回はそんなこともなし。
・・・・昔のような緊張感は無くなったかな?
良い意味でリラックスできていたと思います。
そしてスタート。
1の小さなアップダウンで若干テールスライドするも踏みっきりで2へ
2では横Gを押さえ込みながら減速し3はステアのみで旋回。
そして4を抜けたあたりで出される赤旗。
え?黄旗じゃなくて赤旗???
どうも前走者が運転席側の窓を開けっ放しで走ったようで、再出走とのこと。
前走者の人には悪いけど、もう一本走れてラッキー!
S1500最終走者の前に入って、再出走。
今度も最後の最後まで、サイドは使わずゴール。
タイムは1分27秒935。
SHO.さんから今トップだよと教えていただいたものの
すぐ後にゴールした最終走者のマーチが、1分25秒9とブッチギリのタイムで更新、
そして、こちらはパイロンタッチ?のペナルティで+5秒となり、1分32秒935。
どこでお触りしたかは不明。

ただ、悔しさよりもミスコースせずに完走できたことの安堵感が勝っていたので
2本目はミスしても良いからサイドを使っていこうと決める。
2本目の前の完熟歩行では気温が下がってきたのを肌で感じられるほどに
寒くなってきていました。
実際、2本目でタイムを落とす人も多かったですね。
私自身は2本目は3と13のパイロンでサイド使用。
3で思ったより上手く回れたので、勢いつけて4に入ったら
コーナー出口でタイヤ2本分コースアウト。
13の進入のサイドも失敗で1分34秒305。
S1500クラス、14台中11位でレースを終えました。

S1500クラスの表彰は4台、マーチ、デミオ、コルト、コルトで
ゆきぱぱさんが3位、ルーズドッグのMさんが4位でした。
おめでとうございます!
表彰式もなかなか楽しかったですよ。

大会後には、店に戻って仕事を終わらせてきましたが
仕事場に沢山の人が居るのを見て
11月なら商売的にはちょうど端境期だよな・・・などと考えてしまいました。
あ、いや、なんでもないですよ(笑
(実際には10月が東海シリーズ最終戦ですね)

大会に参加された皆様、お疲れさまでした。
colt020.jpg

走行終了

カテゴリー: サーキット

1本目パイロンタッチ
2本目コースアウト

俺クオリティ炸裂です(漠

でも目一杯楽しみましたよ。
ゆきぱぱさんが三位入賞です。

いよいよ明日

カテゴリー: サーキット

いよいよ明日は東海シリーズ鈴鹿戦。
黒コルトのジムカーナデビュー戦です。
心配された天気も良いようで、一安心です。
サイドターンの練習は全くやっていなくても
その分サーキットをフリー走行で走っているので差し引きゼロ!とか
訳の分からない思考で、頑張っていこうかと思います。
ちょうどすぐ傍まで仕事で行ったので、練習会でも覗いていこうかと思いましたが
入場料(多分1600円)のことを考えたら、近づくことすらままなりませんでした。
まぁ見たところで、理解できるほど頭も良くはないのですが(汗

今夜は酒飲んで、スカーンと寝たいと思います(笑

ジオメトリーウォー

カテゴリー: XBOX360

ようやく100万超え
達成。
ん~やっぱり運が絡むね。
赤いバリア雑魚に縦横無尽に飛びまくられると死ねる。

受理書到着

カテゴリー: サーキット

15日の受理書が届きました。
ゼッケンは22、S1500クラスの第2走者っぽいです。

あとは、必要ならば雨具の準備と、毎日仕事帰りに狭い駐車場でのロックトゥロックです。
オッス!オッス!頑張ろう!

お悩み中

カテゴリー: サーキット

15日の前の最終練習ということで
MLS&鈴鹿南の2本立てで行ってまいりました。
MLSはタイヤの使い方と走らせ方のチェック、
鈴鹿南は路面とグリップ、各コーナーのチェック
コースのショートカット部分の入り方などを目視で確認、などなど。

Z1☆に関しては、お悩みモードに突入です。
01Rよりレスポンスが遅いので、リズムを作るのが難しいですね。
タイムも先日の01Rより1秒以上遅くなってきているので
荷物を片付けて鈴鹿南までの移動中は、ズーッと考え込んでしまって
危うく信号無視しそうになりました(汗
でも、鈴鹿南で走っているうちに気持ちも晴れて
なんだか、どうでも良くなってきた(・∀・)
suzukaminami_a.jpeg

鈴鹿南は、若干グリップ低めに感じました。
鈴鹿ツインだと、持ちこたえてくれそうな感じのところでも
南だとタイヤ1~2本分くらい外に出るというか。
8コーナーはタイヤがあったまっていないとオーバーステア
温まっているとアンダーっぽい動きになるようでした。
前半の1~7コーナーまでは、逆走で使うことが多いのですが
一応走っておけたので、なんとなく感覚はつかめたかな?
まったく走っていないよりはマシでしょう。

基本的に鈴鹿南はジムカーナ走行以外は計測なしなのですが
P-LAPをレンタルして計測しました。
タイムは1分5秒5xx。
ジムカーナ走行だと1分8秒台くらいになるのかな?
走行時間の半分をP-LAPのセンサー設置に費やすことになってしまいましたが
サーキットのオフィシャルの方が頑張って設置してくれたこともあって
タイムを無事に計れてよかったです。
うん、計測器はあったほうがいいね、上達のためにも。
あとは今週末の天気だね。
コースの性格上、雨が降るとかなり難しくなるので
晴れるといいですね~。
※ちょっとした加速区間だと、横Gが掛かっている状態で加速しなければならないので
 非常にスピンしやすい

美浜で事故

カテゴリー: サーキット

LIDO美浜サーキットで、レース中に死亡事故があったようです。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080608-00000026-yom-soci

バックストレート直後の右コーナー?
ブレーキングポイントの路面が若干うねっているのでブレーキングが難しく
エスケープゾーンもあるにはありますが、スポンジバリアまで3~4mくらいでしょうか。
レースのような切迫した状況で走るには難しいコーナーかもしれません。

亡くなられたライダーさんのご冥福を祈ります。

それにしても、今日は嫌なニュースが多い・・・


あと、一応月曜日なので全く目が無いわけではないのですが、多分無理。
でも行きたいな。
Lido 美浜サーキット3周年記念イベント

大雨につき・・・

カテゴリー: コルト

いつぞや試乗したVer.Rが、試乗に行った店の、隣の中古車屋で売られてます。
約2年、走りに走って9000kmですか。
あと、Ver.Rの純正マフラーですが、某オクにポツポツ出て来ています。
比較的安価な価格設定をされていることが多いので
機会があればどこかに持ち込んで、タイム比較など試してみたいですね。

大雨で、コルトのアンカーボルト穴あけは延期。
来週頭に入庫して、一緒にミッションオイルも交換となりました。
ここのところ、3→2速がちょっとシブかったので
コレで改善されることを期待。

異音の件ですが、とりあえず新品のローターと
ブレーキパッドの面取り&角取りで対応ということになりました。
原因がはっきりしていないのですが、コレで直ってくれれば助かります。

イオン発生中

カテゴリー: コルト

昨日の走行で、トラブル発生。
左フロントから異音あり。

1)冷えているときは出ないが、暖まってくると出る
2)ブレーキを強く掛けると出ないが、弱く掛けると出る
3)まっすぐ走っているとき出ていなくても、ステアを切ると出始める
4)温度が上がるほど、音が大きくなる&直進状態でも出る

ローター?
パッド?
それともハブ?
鈴鹿ツインのZコーナー縁石またぎが地味に効いてたかな?

冷えた状態だと症状が出ないので
ディーラーに持って行きにくいし
これはBライ提出がてらショップに行くかorz

Z1☆

カテゴリー: コルト

今回は、JMP氏と一緒ということで、
同乗走行のできるMLSに行ってまいりました。
折角なので、Z1☆とRE-01Rを持ち込んで
2枠ほど走らせてみました。
1枠目は振り回す方向で、2枠目はタイム狙いということで走らせてみて
Z1☆に関する感想など。
Z1_002.jpg

Z1☆は185/60-14インチの9部山
RE-01Rは185/55-15インチの1部山
完全なイコールコンディションではありません。
(RE-01Rとの比較、車種は三菱コルト1.5C)

・滑り出しが穏やかでコントロールしやすく、リカバリーも容易
MLSのインフィールド入り口で、オーバーステアが出たとき
01Rだと、外側サイドウォールの乗っかる感じで跳ねてしまって
トレッド面で接地している感じが希薄だが
Z1☆だと、よれながら滑らかに滑ってトレッド面も路面に接地している印象。
「01Rだと、ここまでスライドアングル付けるとダメだよな~」って感じで滑りながら曲がっても
なんとか不時着できてしまいます。
そのあと、何事もなかったように走れてしまうのは素敵です。

・アンダー、オーバーのタイヤの変化が、ステアリングから伝わってくる感じが強い
MLSの外周2コーナーからの高速区間で曲がる際
アンダー/オーバーでスキール音の音質、ステアリングインフォメーションに違いがあった

・制動性能は01Rの方が良い感じ

外周最後のヘアピン、01Rの感覚でブレーキングしたら間に合わなかった。
まぁ、ほんのチョットの差ですが。

あくまで個人的な意見ですが、
晴れてて周回するなら一部山の01R(ってもう買えないけど)かな。
8ヶ月近く乗ってて、慣れてるって事もあるのですが。

MLSの外周みたいな、ダラダラ横Gを受けるところでの乗りやすさは01Rですね。
無理が利くんですよね。
細かいターンはZ1☆かな。
揺り返して曲がるシチュエーションだと、どんどん曲がっていきますね。
最終コーナーは01Rの感覚で走りましたが、
横が強い分、縦に使い切れなかったと感じました。
車は曲がり終わっているのに、まだハンドル切ってるみたいな。
次行った時は、このあたりの変化に挑戦ですね。

タレについては私が使う分には、十分な耐性があると思います。
5周~6周アタックして1周クーリングといった感じで周回しましたが
大きな性能変化は感じませんでした。

ライフについては分かりません。
今回はかなり荒っぽく使ったこともあって
トレッドの縦溝部分は、結構な削れかたをしておりました。
まぁ、01Rも5部山までは結構な勢いで減って
そこからは、かなり穏やかになったので
1本まるっと使い切るまでは評価保留ですね。

これから梅雨時期ですので、ウェットでの違いも体感する機会があるでしょう。
01Rが一部山なので、少し不安ですが (^_^;

<追記>
そういえば、リアはAD07だから
最初の滑り出し云々はAD07への評価かもしれないね!(汗
colt019.jpg

ガソリンまた値上げ

カテゴリー: コルト

6月1日から、またガソリンが値上がりします。
昨日もタイヤの皮むきがてら田村神社まで行ってきましたが
どこのGSもいっぱいでした。
今年になってから、夜出歩くことが少なくなりましたので
1回給油すると、サーキット行ったときで1週間、
行かないときは、10~15日くらい持つようになりましたよ。
久々の燃費報告は、13.1km/lでした。
仕事場まで、片道2km程度しかないので
あまり良い数字は期待できないのですが、頑張ってみました。
まぁ、一般道ではケチケチ走行ですよ(笑

ここ2日で250kmほどほど走ったので、タイヤの皮むきはおおよそ完了?
最後に鈴鹿スカイラインを、ドライブしてみましたが
扁平率の変化によるタイヤのよれなどは、ほとんど感じませんでした。
このあたりは、サーキットに持ち込まないとわからないでしょう。
あと、リアのネオバのタイヤカスの所為なのか
それとも、フロントに履かせたホイールが良くなかったのか判りませんが
ロードノイズが結構してます。
音質はSタイヤのソレに近い印象。
新品時の01Rは比較的静かこともあって、結構気になります。
あと100~200kmも走れば、リアのタイヤカスも飛ぶので
その時、はっきりしたことがわかるかな?
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。