スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

国内Bライセンス更新

カテゴリー: サーキット

年末進行ですっかり忘れていました、Bライ更新。
取った時期に関係なく、有効期限はその年の12月31日まで。
今朝思い出して、あわててJAFに電話にて確認してみたところ
12月31日の消印有効なので、郵送で送れとのこと。
必要なものは準備完了で、あとは送るなり窓口に持ち込むなりすれば任務完了です。
ふ~危なかったぜ!(笑

書留の封筒は余分に購入。
たしか東海シリーズってもうそろそろエントリー受付してますよね。

全然関係ないのですが、1月7日は午後から美浜に行けそうです。
久々のSS1、非常に楽しみです!
スポンサーサイト

レブスピード2月号

カテゴリー: サーキット

来年の正月明け一発目に朝っぱらからサーキットに行けるよう
ショップにデフオイルを交換しに行ったら、雪の影響かすでに閉店している罠。
オイルだけ買ってディーラーに持ち込もうかとも考えましたが
ぼちぼち仕事納めですよねorz
1/5はSAB名古屋ベイ経由美浜行きのようです。
あと、白いスイスポが停まってました。
ボチボチですかね。

レブスピード2月号ですが、大井さんのスイスポサーキット攻略で
鈴鹿ツインフルコースが載っていたので買ってきました。

ホームストレートが550mなのは知っていたのですが
バックストレートが145mというのは初めて知りました。
一見短いように見えますが、手前の高速S字の入り口で3速に入るので
Zコーナーにまでに120km/hは出ているはず!?

あとは、レイクサイドとかピラミッドとかは知らなかったですね。
それから、誰が最初に言い始めたのかは知りませんが
Zコーナーは正式名称になったみたいです(笑

攻略法ではいくつか試してみたいことが書いてありました。
ピラミッドは思い切り乗せてます(汗
Zコーナーも入り口で姿勢を作ったらアクセル全開!出口で横G残りまくりです(汗
レイクサイドも旋回速度重視で思い切り突っ込んでいるので
大井プロのラインとは微妙に違ってます。
補足:雨の場合は、イン側縁石は乗せません
イン側縁石は比較的高さがあり、なおかつ濡れると滑るので
乗せるとアンダーが出てしまいます。


タイムのほうは大井プロがヘビーウェットで1分22秒台。
私はウェットで2回走行経験があるのですが、
ともに1分20秒台ということで私の勝ちですな(獏

まあ、私の場合今年の1月の時は2枠走ってスピン4回
(うち1回はパイロン粉砕)と好き放題やったのに対し、
大井プロは車をいたわりながら、でしょう。
同じ条件で走っておきたかったと今更ながら思うのですが
讃岐うどんが美味かったので全然おkです(笑

今現在、鈴鹿ツインではゴニョゴニョしているらしく
それが完成すれば、いつでもうぁぁぁぁできるようになるらしいです。
鈴鹿ツインでは2輪のレースも時々行われるのですが
Dコース側で非常に転倒が多いとのこと。
そのあたりの対策もあるようです。
そうなったら・・・・・毎週行きますわ(笑

カテゴリー: コルト

メリークリスマス!





・・・と言いたいところだが、君たちには消えてもらう。

死ぬがいい!

なんちゃって、どうも肉アニキです。
シューティング検定初級ってところかな?(笑

年末の第一波、クリスマスイブはとりあえず終了。
いろんな聖夜の過ごし方があるわけですが
私は飯食って即寝でした。
まだ、うちにはモニターの前にご馳走を並べる習慣はありません(笑

年内にコルトのエンギンオイルとデフフオイルを交換しておきたいのですが
ちょっと厳しいかな?

maruyaki01.jpg
とりあえず、クリスマスらしい画像置いときますね(ぉ

追記
JMP氏からツッコミありました。

× 死ぬがいい
○ 死ぬがよい

初級すら間違えるとは orz

これからの課題

カテゴリー: サーキット

先日、仕事中に取引先のNさん(元ジムカーナ経験者)と会う機会があったので
ジムカーナについて、いろいろと話をしてきました。
あれからイベントには出たのかとか、LSDは乗れるようになったのかとか、などなど。

ジムカーナが中心の話なので当然パイロンターンの話にもなるのですが
その中で、サイドターンひとつとっても、かなりの認識違いをしていることに気づくことが出来ました。

駐車場に転がっていた小さなダンボールをパイロンに見立てて
そこで270度ターンでの各操作のチェックをしたのですが
(実車ではなく歩きながらですよ)
私の操作では、どれもワンテンポ遅いとのこと。
図解するとこんな感じでした。
pai_270_01.gifpai_270_02.gif
私の場合、奥までステアリングで回り込んでからサイドを引き
車が脱出方向を向いてからアクセルオンだったのですが
Nさんの場合は、入り口でサイドを引いてすぐにアクセルオン。
LSDの巻き込み効果で小さくターンをするわけです。
どちらが速いかは、おおよそ分かるかと思います(汗

明確な違いをあげるなら
○ブレーキおよび空走時間の長さ
○アクセルオンの時間
この2点でしょうか。
どちらもタイムに直結する部分です。

私のターンの仕方だと、LSDが有っても無くても
タイム的にはあまり変わらないはず。
NさんのターンはLSDの恩恵を目いっぱい受けるターン方法だと思います。

そんなわけで、来年の1番目の課題はこの「パイロンターン」にしたいと思っております。
ジムカーナで良いタイムを出そうとするなら
パイロンターンは避けて通れないはずですからね!
問題は練習する環境が無いことですが
春になれば、雁が原で練習できることでしょう。
Nさんと話をしてて、時間の都合はついても場所の問題が解決しないんですよね~。
いくつかの問題は抱えておりますが、なんとか習得したいと思います。
鈴鹿南奥のパドックで練習できると良いんですけどね・・・。

BGプレイヤーズ(?)サーキットミーティング2009

カテゴリー: BATTLEGEAR

BG-off_001.jpg
来年1月12日(月/祝)にモーターランドスズカ
BGプレイヤーズ(?)サーキットミーティング2009を開催したいと思います。

開催したいと思いますというのは、今回も貸切じゃなくてフリー走行だから。
占有が入ると開催地変更になります(^_^;
1/12は鈴鹿ツイン、鈴鹿南ともにフリーで走れます

今回も朝9時と11時のグリップ枠2枠を予定しております。
9時枠は比較的台数も少ないことが多いので
スポーツ走行の経験の少ない人でも
慣れるにはもってこいだと思います。

俺も走るぜ!って方は、ここのコメント欄(管理人のみ閲覧可能もできます)か
フリーのメールアドレス「niikuani¥yahoo.co.jp」に
(メールアドレスの¥を@に変えて送信してください)
もしくは私のメールアドレスをご存知の方は、直で連絡いただいても結構です。
それでは、みなさまの参加お待ちしております!

走り納め&フィーリングチェック

カテゴリー: サーキット

今日は昼から休みだったので、再び美浜に行ってまいりました。

昨日のアライメントチェックで異常無しということで
先日乗り上げたときと同じホイールセットで1本走行。
前回のような「ステアリングを切っただけでテールが流れ出す」感じは無くなってました。
過度の入力があったせいでリアタイヤが一気にタレた、とかかなぁ・・・?
むしろフロントタイヤのショルダーが無くなってきた事で
ターンイン当初にグリップ感というか踏ん張り感が無くなってきた感じでした。

そのあと、もう一枠走れる時間があったのでフロントタイヤをRE-01Rに変更して走行。
久々のポテンザでしたが、Z1☆とはやはり色んな部分が違ってました。
01Rはある一定角度以上ステアすると、いきなり縦トラクションが全く無くなるんですよね。
で、少し戻してあげるとものすごい勢いで縦トラクションが回復する。
Z1☆はこのあたりがかなり緩やかで、扱いやすいと思いました。
得意なコーナーも違っていて、01Rは直角コーナーや
ダラダラ過重の掛かるところは結構いい感じですね。
いい感じとはいっても、荷重が乗っていないのにラフにアクセルを入れると
すぐに外に跳んで行ってしまいますが(笑
あと、Z1☆と比べるとラップタイムをまとめるのが難しいと感じました。
ベストが出るときはポンっと出るのですが、平均ラップタイムとの差が大きかったですね。

今回はベスト更新とはなりませんでしたが、これは完全にドライバーの責任です。
やはりバックストレート後の右と、その後の定常円が上手く走れていなかった。
さすがにビビりが入ってます(汗
01Rでのベストが出たときは、ここの2つが結構良かったですね。

とりあえず、年内のスポーツ走行はこれで終了となります。
9月にLSDを入れてから、かなりの勢いで走ってきましたので
本番タイヤのZ1☆も3部山程度となりましたが
年が明けたら、再び熱く熱く走っていきたいと思います。

それにしても・・・・月曜日にタイム申告した人の分はまだ更新されていないのに
昨日の人の分は即日更新ですか。
渡す人次第なのかなぁ。
colt_mihama001.jpg

アライメント診断完了

カテゴリー: コルト

今日ディーラーに車を預けて、アライメントを見てもらいました。
結果は問題なし。
リアアクスル(?)を横方向に押されているようなことも無いとのこと。
そんなわけで、もうしばらく様子見です。

もう一度走らせてみて、症状が再現するようなら今度はショック周りをチェックしてもらいます。
再現しなかったらラッキー!といいたいところですが
あれだけ動きが違ったのが何もせずに直るのはちょいと不安だ(笑

コルト1.5Cと紹介記事

カテゴリー: コルト

今回は、手持ちの書籍の中でコルト1.5Cが取り上げられたものを紹介させていただきます。
すべての本を読んでいるわけではないので、漏れはたくさんあると思いますが
この機会に、コルト1.5Cについてより深く理解していただければ幸いです。

プレイドライブ2007年4月号
私がコルト1.5Cについて、雑誌で初めて記事を見たのは
プレイドライブ2007年4月号でした。
PD0704_01.jpg

PD0704_02.jpg
記事の内容としては
○1.5CのCはコマーシャルのC、営業車を想定したグレード
○オーストラリアとイギリスに右ハンドルMT仕様車がある
○車重や出力はライバルと互角、屋根の高さが気になる
なぜこのタイミングでこのグレードが加えられたのか腑に落ちない
○普通な使い方が良く似合う
愛知県のラックで製作されたジムカーナ仕様車両も写真付きで紹介。
各パーツの開発状況やライバルとのスペック比較表など。

プレイドライブ2007年5月号
翌月の5月号では、走りのコンパクト特集ということで
こちらでは、1.5CとVer.Rが紹介されました。
PD0705_01.jpg

PD0705_02.jpg
記事の内容としては
○ドイツ製4A91エンジンにゲトラグ製5MT搭載
○MTしか運転できないお年寄りなどのために生まれたグレード
○CVTならグレードごとにギア比に違いが無いので、1.5RXがお勧め
○駆動系や足回りはVer.Rと互換性が無いので、注意が必要
(スタビ周りが少し違うのかな?実際は互換性はあります)
あとは各グレードの価格や基本スペックなど。

PD0705_03.jpg
Ver.Rについてはオプション装備の紹介や参加クラスの紹介
全日本ダートトライアルに長野の平田選手が出場することなど。

J's-tipo 2007年9月号
J-tipo0709_01.jpg
J's-tipoの特集「楽しすぎる日本車100台」の中の1コーナー
「シフトフィーリング選手権」の第3位として、コルト1.5Cが紹介されています。
J-tipo0709_02.jpg
J-tipo0709_03.jpg
3台のコルト1.5C(ジムカーナ仕様2台+通勤快速仕様1台)が紹介されています。
そして注目すべきは、やはり1.5C誕生秘話でしょう。
コルトラリーアートが発売された際にあがったMT待望論とお年寄りからの需要
そして、ジムカーナスーパー1500(S1500)への参戦のために
NAコルトのMT搭載を望む三菱自動車内の自動車部の方々の情熱によって
1.5Cが世に送り出されたということが紹介されました。
プレイドライブ4月号で言われた、「腑に落ちない」のはこういう裏があったからでしょう(笑

他にはオートスポーツやベストカーなどでも紹介されたことがありますが
そちらは全日本ラリーのJN-1.5関係だったと思います。

コンパクトカーの中でも非常に地味な存在の1.5Cですが
誕生秘話を読むと、ただの車と言ってしまうのははばかります。
大切に乗って、長く楽しみたいですね。

2009年中部地区S1500ジムカーナ車両規定発表

カテゴリー: サーキット

JMRC中部ジムカーナ部会のサイト(こちら)が更新されまして
2009年度のS1500の車両規定が発表になりました。
リンクはこちら(PDFファイル)

気になるのはやはりタイヤサイズと使用銘柄。
サイズは195まで。JMRC近畿と同じですね。
銘柄はR1Rが使用可能ということです。
ですので、

ダンロップ:Z1スタースペック

横浜:AD07、AD08(来年発売予定)

ブリヂストン:RE11、RE-01R

トーヨー:R1R

大体この中からチョイスすることになるでしょう。


残しておいたTE37にR1Rを履かせますかな。
リアには195/60-14のZ1☆を履かせるつもりでしたが
ちょっと迷うところです。

走り納め終了のお知らせ(?)

カテゴリー: サーキット

行ってきました、美浜サーキット。
出しました、49秒377。

そして、やっちゃったかもしれません。
バックストレート後の右コーナーで頑張り過ぎて
目一杯外側に荷重が乗った状態でアウト側の縁石に乗ってしまいました。
その後、車の動きが左右でかなり違ってきたので走行中止。
パッと見どこも悪くなさそうですが、とりあえずディーラーに持って行く予定です。
そんなわけで、活動休止第二号です(漠

いくらランニングコストが安いとはいえ、壊していては元も子もありませんね。
怪しいのはリア周り。
ホイールだけで済んでいればいいのですが…

場合によっては足の仕様変更も先送りになりそうです。

ぼちぼち走り収めのシーズン

カテゴリー: サーキット

今年最後の休みを明日の控え、ぼちぼち走り収めのシーズンであることを実感。

明日は夕方から新年会という名の忘年会があるので、遠出は出来ず。
ツインとMLSの間をウロウロするかも。
個人的にはMLS50秒切りに向けて、いろいろ細工をしつつテストしてみたいところ。
ツインのGを走るなら、リアに15インチのRE-01Rを入れてテスト。

木曜日の半休は、美浜に行って走り収めかな。
最近の美浜のランキングはコンパクトクラスが何気に熱くて
ノブ○ッセ新型フィットの48秒7xxを追いかけて、49秒台に入る車もチラホラ。
S1500のレギュレーションもあって改造範囲的に苦しいコルト君ですが、
49秒中ごろくらいは出るはずなので、なのとか50秒を切って新年を迎えたいものです。

年明けは、正月休みが短くて、参加予定だった美浜ジムカーナデイに行けないのが残念ですが
1月に足の仕様変更をして、東海シリーズ開幕戦に出られるようにしたいですね。

Ver.Rの試乗に行ってきました

カテゴリー: コルト

先日のコンパミの流れで、今日コルトVer.Rの試乗に行ってきました。
試乗したのは現行型の08モデルのMT。
多分コンパミで展示されていたやつだと思います。

試乗の前に、担当の営業さんからMTでの運転経験の有無を質問されたり
危険な運転と判断した場合、試乗禁止にする等の説明を受け出発。
比較的田舎な立地ということもあって、そこそこ運動能力を楽しむことができました。

1速でのフルスロットルはできませんでしたが、2速レブまでは回しましたし
旋回時のボディ剛性やノーマルブレーキの効き方なんかも体験できました。

エンジンに関しては、3000rpmくらい(?)でブーストが立ち上がりますが
そのあとは影を潜めます。
ターボ車らしくないフラットな出力の出方ですね。
昔のターボ車のような、ブーストが掛かってからの高揚感は少なかったですが
非常に穏やかで、扱いやすいと感じました。
排気量5割り増しみたいな感じでしょうか。
よく2リッターオーバーのNA車両のようだと言われますが納得です。

ボディ剛性も、1.5Cに乗ってからすぐにVer.Rに乗ったからか
すぐに感じることが出来ました。
旋回した状態でギャップに乗っても、全然ぶれないですね。

ブレーキは初期制動が非常に強く、効き自体もかなり高そうですが
個人的には、奥で効くパッドに変えたいと思いました。

ステアリングやサイドレバー、クラッチペダルなど
手に触れる部分は少し重めにしてありました。
特にサイドレバーはこれが標準?と思うほどにガッシリと重かったです。

営業さんお勧めのドライブコースを1周して終了。
営業さんも走る車が好きらしく、非常に気持ちの良い対応をしていただきました。
ありがとうございました。


で、ですね、今回の試乗には比較対照があるわけです。
その比較対照とは、みんカラのDIY職人しんのすけさんという方のコルトVer.R。
コンパミの時に「思い切り踏んで良いから」と太っ腹な一言をいただきまして
200馬力オーバーのVer.Rを体験させていただきました。
その車両が非常に刺激的で、その車でサーキットを走ってみたいと思うものでした。
じゃあ普通のVer.Rってどんなんだろ?ということで比較も含めての試乗でしたが
乗り比べてみて一言。

「全くの別物」でした。

しんのすけさんのコルトはレブリミット近くまでターボの存在感があり
踏むほどにパワーが出る感じでしたが、
ノーマルだとターボが効いていると感じるのはほんの少しの間で
高回転域では押さえ込まれている感じです。
ですので、4000rpmあたりからの伸びは全然違ってくるでしょう。
正直オーナーじゃない私が言える立場ではないのですが
ノーマルVer.Rなら、すぐに扱えると思いました。
チューンドVer.Rは手に負えない代物、要練習要修行な車です。
西浦あたりだと、ポンと1秒くらい違ってきてもおかしくないと思うほどでした。

ノーマルがブースト圧0.6くらいでしたかな?
うろ覚えですいません。
しんのすけさんのコルトでブースト1.0は掛かってました。
インダクションボックス+自作ワンオフマフラー+ブーストコントローラー+自作オリフィスあたり?
パーツを自作できるのが凄いですね。
しんのすけさんにも大変にお世話になりました。

もし私がVer.Rに乗り換えたら、ブーストアップは間違いなくやります。
足、シート、シートベルトなどは1.5Cから移植ですね。
追加でつけるのはLSDとブレーキ。
LSD付きの中古を買うという手もありますね。

とはいえ、2009シーズンも1.5Cで頑張りますよ!
Ver.R試乗記はこれにて。

いろんな言葉の合わせ技

カテゴリー: サーキット

画像 014
(画像は姫路セントラルパークにて)

今週の月曜日にMLSで走行してきまして
以前までの自己ベスト51秒4xxを大きく上回る50秒556を記録しました。
第一にLSDへの慣れがあるのですが
そこに至るのに、いろんな方の何気ない一言や自己の何気ない体験が積み重なっての更新かな?と思いました。

「ブレーキを奥まで引きずるな」

雑誌などでブレーキングに関する本を読むと
クリップ近くまでブレーキを残すことでフロント寄りの荷重にし、
リアを少しブレイクさせて云々といった感じの記事を読むことが出来ます。
で、まねっぽくクリップ前までブレーキを残していたのですが
それは今やるべきではないとの一言が。
慣れるまでは決めたポイントから100%の制動力を引き出して、いかに短い区間で減速するか
そこからはじめなさいというアドバイスをいただきました。
そんなわけで、今回の走行ではブレーキを残すことは考えず
常に最大の制動力を出すことだけを考えたラインとブレーキングを行いました。

その結果が・・・・

「クーリングラップは車の動きがいい」
これは実体験ですね。

車は速度が遅いほど曲がりやすくなります。
アタックラップより速度を抑えて走るクーリングラップでは
車が良く曲がります。
当然ですよね。

今まで中途半端なブレーキングをコーナーの奥まで続けていたことで
車は常にいっぱいいっぱいの速度で曲がることを強要されていたのですが、
今回は曲がり始める前に十分に速度が落ちていたことで
楽なコーナリングを行うことが出来ました。
楽に回れるということは、小さく回ることも可能ですし
アクセルオンのタイミングを早く取ることもできます。
アクセルオンで巻き込ませるLSDの特性を生かす走りがしやすくなるということですね。

ちなみに黒コルト君、MLSの2ヘアだとメーター読みで50km/hほどで曲がることが出来ます。
ただ、曲がるだけでコーナー出口でロールが収まるまではなにも出来ないような状態ですが。

「いかにコースを直線的に使うか」

車が一番加速しやすいのは直線です。
ブレーキを短時間で終えるということは、加速のための直線区間を長く取ると言い換えることも出来ます。
そして、コーナーが楽に曲がれることでアクセルオンのタイミングも早くなります。
加速区間(直線)の始まりを早くすることになるわけですね。
今回クリッピングポイントあたりからのアクセル開度は結構高めで
LSDで巻き込ませながら速度を上げていくことができたわけです。
(ある程度アクセルを踏んでやらないと、LSDの巻き込み効果が出ない)
これがコーナリングで頑張りすぎてしまうと、コーナー終わりまでアクセルを踏めなくなるわけです。

そんなわけで
「コーナー入り口が遅くて詰まってしまい、出口で速くてついていけないイライラする車」の誕生です(笑
あとは「アンダー出ても車はLSDで前に進むから踏み抜け!」でしょうか(笑
LSDを生かした走りの入り口には立てたかな!?

当然突っ込み重視、コーナリング速度重視で入るコーナーもあります。
でも、今回こういったアプローチでタイムを詰めることが出来たのは
非常に面白い経験だったと思いました。
この走り方を磨いて、ほかのサーキットでのタイムも詰められないか試してみたいです。

ちょっとまとまりの無い文章ですし、素人のたわごとなんですけどね。
備忘録、備忘録♪

MLSコンパクトカーミーティング

カテゴリー: コルト

過日のことですが、MLSで行われたコンパクトカーミーティングに行ってまいりました。
いろんなイベントをやっているMLSでも定番イベントに成長しそうなコンパミ。
今回は25台がエントリしておりました。
今回は軽自動車が少なかったかな。
その中の8台はコルトVer.Rということで最大勢力になったようです。
にんかめさんの交渉で、Ver.Rだけで一列に並べることが出来たようです。
compami_001_800.jpeg
見学も含めると14台のコルトが集まることとなりました。
こんなにコルトが集まっているのを見るのは、東海シリーズ以来(1.5C×6台)。
私は午後から見学参加になりましたが
皆様和気藹々とされてましたよ!

走行自体は少し気温が低いこともあって、結構難しかったようです。
外周最後のヘアピンでヒヤッとする場面もありましたが、事故は無くイベントは無事に終了。

タイムのほうはにんかめさんがトップタイムで、49秒切りを達成してました。
同じテンゴNA車だと、T社の某車種が50秒8xxくらいだったと思います。
(やはり同クラスは気になります)

鈴鹿でやってるんですが、フィットが全くいないのはなぜなんだぜ?

閉会式のプレゼントでは、コルト勢全員に
オ○ホール+ティッシュという黄金コンビなプレゼントがwww
エロDVDもばら撒いてたんですよねw
これだけでも行く価値があるかもしれません(獏

私自身は先日買ったデジカメで写真撮りまくりでした。
車体の色によってピントの合いかたがマチマチですね~。
白、銀、アクアメタあたりの明るい色はピントが合いやすいのですが
赤はかなり苦手なようです。
まあ、このあたりは撮影者の力量もありますが。

次回は5月のGWあたりかな?
さすがにGWは動けないので見学も難しいと思いますが
いつかは皆さんと一緒に走りたいなと思いました。
--------------------------------------------
みんカラ版はこちら

みんカラにアップしたフォトギャラリーはこちら

燃費記録更新

カテゴリー: コルト

H20年12月1日(晴れ)
車種:三菱コルト1.5C(5MT)
タイヤ:フロント-Z1☆/リア-AD07
ガソリン:レギュラー

走行距離:247.5km
走行後給油量:13.91L

247.5÷13.91=17.79km/L

経路としては、関ICで満タン給油後名阪国道を使って、大阪日本橋間を往復。
昨日の大会の荷物(タイヤ2本とかフロアジャッキなど)とPCで50kgくらいの荷物を車載。
ハイグリップラジアルということを考えても、なかなかの数字なんじゃないでしょうか。
アップダウンの少ない東名あたりなら、もう少し出るかもしれないですね。
今度大阪に行くときは、もう少し条件を揃えて低燃費走行に挑戦したいと思います。

PC買い替え、だがしかし!

カテゴリー: 未分類

昨日姫路の帰りに中古のPCを買ってきました。
結構サクサク動くのですが、音が出ない!
音はとっても重要です。
そんなわけで、今日も大阪行きかもですorz

昨日の姫路セントラルシリーズジムカーナの参戦記inみんカラ
http://minkara.carview.co.jp/userid/277886/blog/11221831/

後ほど動画もつけてこちらで更新する予定です。
まぁ、動画は露出が高すぎて路面のパイロンが見にくいし
カメラステーが横Gに耐えられず、動いてしまってますが。

追記
大阪に行ってきました。
2クリックで問題解決しましたorz

ま、まぁ燃費の最高記録が出たから良しとするか・・・
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。